グローバルナビ


関東郷自慢の食文化&季節の郷土食文化



郷自慢の食文化&季節の郷土食文化



栃木県はがの郷 名物はが手打ちそば

芳賀大地のそば畑が純白の花に包まれて、新そばの季節がやってくる。豊かな水と土に恵まれた芳賀の大地は、昔からそばの栽培が盛んな郷として知られている。郷自慢の手打ちそばの名物そば処が多数あります。




千葉県勝浦漁師の郷 名物勝浦海鮮処

千葉県勝浦市は,県内で最も小型漁船による漁業が発展している地域で、地元小型船が専有する漁港が多い県内有数の漁師まちの郷。地元漁師さんが水揚げした、新鮮魚介類を活かした勝浦名物「勝浦海鮮処」では、自慢の新鮮海鮮料理を提供し漁師文化を伝えている。



千葉県鴨川温泉の郷 名物おらが丼

「おらが」とは、鴨川の方言で「我が家」と言う意味で、「おらが丼」は「我が店自慢のどんぶり」。地元産食材を活かした「おらが」味をご賞味下さい。鴨川市商工会では、郷自慢の「おらが丼」の普及育成を推進している。



群馬県桐生の郷 名物桐生うどん

市内には200店からの「名物うどん」を味わえる飲食店があり、各店自慢 の季節のうどんを提供しており、桐生は日本のうどん処としても有名です。桐生うどん会では、郷自慢「桐生うどん」の普及育成を推進している。



群馬県伊香保温泉の郷 名物水沢うどん

伊香保水沢うどんは、推古天皇の頃に創建、1300年もの歴史を持つ「水沢寺」参拝客に振る舞ったのが起源といわれる由来あるうどん。原料は粉と水と塩だけ。日本三大うどん「水沢うどん」は榛名山麓気候と秘伝の技術が生み出す。