グローバルナビ


北陸中部の発酵文化 日本の魚醤文化&郷の魚醤油文化



北陸中部自慢の魚醤文化と魚醤油文化 日本の伝統発酵食文化



富山県富山市 いか魚醤

サクラマスの笹押し寿しや、シロエビ、ホタルイカ、イカ、いかの黒作りなどは、富山自慢の名産品で、富山湾の冬の寒ブリも有名です。100年前から、イカの加工品を造り続ける水産専門会社では、魚醤も造っています。イカの旨味を凝縮した「いか魚醤」は、醤油麹を発酵に使うことで臭みを押さえ美味しい魚醤に仕上がっています。 優良ふるさと食品コンクール農林水産大臣賞受賞商品です。


石川県能登半島 能登いしり

能登半島の魚醤の歴史は古く、古くから伝わる伝統製法で作られた、イカのいしるとイワシのよしるです。原料は大きく2種類あり、富山湾に面した内浦地区ではスルメイカの内臓を、日本海に面した外浦地区ではイワシを主な原料としています。自然熟成調味料としてじっくり熟成させて仕上げます。一般家庭料理に広く使われており、いしる・よしり・よしる・塩しり・塩しるなどと呼ばれ、親しまれている天然調味料です。